NEWS BLOG

New article

ジューン・ブライド「6月の花嫁」をご存知でしょうか?

蒸し暑い、梅雨の季節がやってきましたね。

雨が続く季節、でも、ウエディング業界では6月は特別な月なんです。

 

 

●「6月の花嫁」の由来は?

 

「ジューンブライド(June bride)」とは、古くから

ヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのことです。

 

意味や由来については諸説ありますが、

ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。

 

また、かつてヨーロッパでは、

農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁止されており、

そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝

福ムードいっぱいだったからという説もあるそうです。

ジューンブライド(June bride)にあたる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。特に海外挙式を考えているカップルにとっては、

最高のウエディングシーズンなんです。

 

6月は、日本ではじめじめした季節ですが、あじさいなど、お花は生き生きする初夏。

この時期のウエディングも素敵ですね^^

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Tot news

BAMBOO EXPO 12 出展

November 15, 2019

1/6
Please reload

Archive